ケアマネ試験一発合格プログラム

ケアマネ試験対策の決定版

ケアマネ試験対策の決定版

短期間の勉強で、ケアマネ試験に合格するには、
試験の出題方法や傾向に合わせて、攻略的に学習の仕方、覚え方を選ばなければなりません。

 

そこで、誰でも短期間の勉強でケアマネ試験に合格できるように
開発したのが「東大式記憶術ケアマネ試験一発合格法脳プログラム」です。

 

 

⇒ ケアマネ試験一発合格プログラム


ケアマネの仕事と受験資格

ケアマネジャーとは、介護支援専門員のことで、
要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、
他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめる者のことを言います。

 

利用者の介護全般に関する相談援助や関係機関との連絡調整を行います。

 

大雑把な流れは、次のようになっています。

 

●利用希望者、家族はどのような介護サービスの希望をするか面接(インテーク)、
●どのような介護サービスが必要かを査定(アセスメント)、
●介護保険が利用できるようにサービス計画、
●個別支援計画を作成(プランニング)

 

そしてサービスの利用開始後も
提供されている介護サービスが適切か否かを定期的に評価(モニタリング)して
要介護者と介護者の状況に合わせて再びアセスメント、プランニングをおこないます。

 

介護支援専門員として登録・任用されるには
都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、

 

「介護支援専門員実務研修」の全日程を休まず全て受講したうえで、
レポートを提出する必要があります。

 

 

=介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格=

 

「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格としては、
法定資格所持者等は5年以上の、それ以外の者は10年以上の実務経験が必要とされます。

 

ア)  法定資格【社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、
    保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、
    義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、
    きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む。)】 を所持している者が、
    5年以上の実務経験を有する者。

 

    現状では試験合格者の半数弱は介護福祉士です。

 

 

イ)  社会福祉主事任用資格、ホームヘルパー2級課程修了、介護職員初任者研修課程修了の、
    いずれかの資格を所持している者で、5年以上の実務経験を有する者。

 

 

ウ)  上記の資格または研修修了の資格を、1つも所持していない場合は、
    所定の福祉施設等での相談援助・介護等に従事した期間が10年以上の者

短期間の勉強で、ケアマネ試験に合格するには?

短期間の勉強で、ケアマネ試験に合格するには、
試験の出題方法や傾向に合わせて、攻略的に学習の仕方、覚え方を選ばなければなりません。

 

そこで、誰でも短期間の勉強でケアマネ試験に合格できるように
開発したのが「東大式記憶術ケアマネ試験一発合格法脳プログラム」です。

 

⇒ ケアマネ試験一発合格プログラム

ケアマネの仕事と受験資格関連ページ

時間がない人のケアマネ試験対策
ケアマネ試験対策の紹介。時間がない人が空き時間を使って短期間で合格する方法です。
ケアマネ試験一発合格プログラム
ケアマネ試験対策の紹介。時間がない人が空き時間を使って短期間で合格する方法です。
ケアマネ試験
ケアマネ試験対策の紹介。時間がない人が空き時間を使って短期間で合格する方法です。