ケアマネ試験一発合格プログラム

ケアマネ試験対策の決定版

ケアマネ試験までの時間が限られている人にとっては、
勉強効率の良し悪しが試験の結果を左右するといっても過言ではありません。

 

読む!・聞く!・解く!の簡単3ステップ
空き時間を使って短時間でケアマネ試験に合格。

 

ケアマネ試験対策の決定版です。

 

⇒ ケアマネ試験一発合格プログラム

東大式記憶術 ケアマネ試験の勉強法

【東大式記憶術】ケアマネ試験一発合格脳プログラムは、何も難しいことはありません。
誰でも一から始められる内容になっています。

 

おおまかに言うと、次のたった3つのステップをやってもらうだけです。

 

 

時間がない人のケアマネ試験対策

 

 

シンプルなこの3つのステップを、
自宅で、通勤中、好きな時間に取り組めば、

 

ケアマネ試験に合格できる知識をグングン身に付けることができ、
さらにケアマネ試験対策のトレーニングもできるのです。

人間が情報を「記憶」するプロセス

人間が情報を「記憶」するプロセスは

 

1.情報を仕入れる
2.仕入れた情報を定着させる

 

この情報を仕入れて、定着させるというプロセスを踏むことで、
人間は「記憶」をしています。

 

記憶するためには、音を「聞く」、文字を「読む」という行動で
情報を仕入れなければいけません。

 

「情報を仕入れる」時に必要な行動は、「書く」ではありません。

 

音を「聞いて」、文字を「読む」

 

この2つの「仕入れる作業」が、
効率よく記憶するための 理想的な覚え方の第一段階なのです。

 

九九の練習を思い出してください。

 

1×1、1×2 ・・・2×1 2×2・・・8×1・・・9×9
と、書いてある文字を読みながら、何度も何度も口に出しているだけで、
いつの間にか、何十年経っても忘れないように記憶されています。

 

九九の数字を「読み」、自分で自分の声を「聞く」、
この「読む」と「聞く」という行動が、人間が記憶する最高の覚え方なのです。

 

「聞く」作業だけでは受身的になりがちで、聞き流しになりがちです。

 

記憶のプロセスの第2段階、 情報を定着させるためには、
仕入れた情報をアウトプットする「主体的」な行動が必要です。

 

アウトプットとは、 仕入れた情報を、「話す」、「書く」という行動です。

 

このように、 情報を正しい方法で仕入れてから、
アウトプットすることで、記憶に定着されます。

短期間の勉強で、ケアマネ試験に合格するには?

短期間の勉強で、ケアマネ試験に合格するには、
試験の出題方法や傾向に合わせて、攻略的に学習の仕方、覚え方を選ばなければなりません。

 

そこで、誰でも短期間の勉強でケアマネ試験に合格できるように
開発したのが「東大式記憶術ケアマネ試験一発合格法脳プログラム」です。

 

⇒ ケアマネ試験一発合格プログラム

ケアマネ試験一発合格プログラム関連ページ

時間がない人のケアマネ試験対策
ケアマネ試験対策の紹介。時間がない人が空き時間を使って短期間で合格する方法です。
ケアマネの仕事と受験資格
ケアマネ試験対策の紹介。時間がない人が空き時間を使って短期間で合格する方法です。
ケアマネ試験
ケアマネ試験対策の紹介。時間がない人が空き時間を使って短期間で合格する方法です。